糖尿病食 レシピ 献立

失敗すると恐ろしい、糖尿病食の本当の知識とは?

糖尿病の人は、血糖値をコントロールするためにカロリーや糖分、塩分が少ない「糖尿食」にしなければいけません。

 

なぜならカロリーの摂り過ぎは腎臓に悪い影響を与え、様々な合併症を引き起こすからです。

 

例えば、糖尿病性網膜症や糖尿病性神経障害などは血糖値が高くなるとリスクが増す合併症です。

 

これらは、糖尿病食で食事制限をすることで防ぐことができます。

 

糖尿病食は「低カロリー・塩分、糖分控えめ」を基本にしているからです。

 

ただ、そのために満腹感が得られない、あるいは味付けが物足りないのではないかと思われがちです。

 

 

しかし糖尿病食には様々な工夫がされていますし、素材の風味を生かした調理方法やメニューなので、不満を感じる人はいないようです。

 

最近では糖尿病患者でなくても、ダイエットのために糖尿病食を利用する人もいるほどです。

 

なお、糖尿病食は病院などで提供されるだけのものではありません。

 

糖尿病食の解説や作り方が書かれた本が出ているので、家庭で調理する人もたくさんいます。

 

また、レトルトタイプの糖尿病食も大手食品メーカーから出ています。

 

時間をかけて調理しなくて済むので忙しい人には人気がありますし、糖尿病のため自分で調理するのは難しい人にも便利でしょう。

 

糖尿病は、悪化すると合併症などによって重篤な状態にもなりかねません。

 

そのようにならないために、日々の食事に気を配ることは非常に大切です。

 

治療のために制限しなければいけないことが数多くありますが、できるだけ食べる楽しみをなくさないように工夫されているのが糖尿病食です。

 

実際に自分で糖尿病食を作るにあたって、まずは最低限必要な知識を身につける必要があります。

 

このサイトでは、これから糖尿病食を導入しようと考えている人のために、分かりやすく解説しています。

 

ぜひ正しい知識を身に付けて、糖尿病を少しでも早く改善していきましょう。